@IT:Insider’s Eye -- 配布テクノロジを統合強化し、パッチ・スキャン結果の混乱を解消 - 適宜覚書-Fragments

@IT:Insider’s Eye -- 配布テクノロジを統合強化し、パッチ・スキャン結果の混乱を解消

   

このような制約を解消するため、マイクロソフトは、OSコンポーネント用とアプリケーション用の2つのパッチ適用テクノロジに標準化を図っている。また、新しいコンポーネントを作成したり、一部のコンポーネントを更新して、パッチ・スキャンを行うWUAクライアントとMUWebサービスを基にした統一プラットフォームに対応させたりている。また、Systems Management Server(SMS)やWindows Server Update Services(WSUS)、MBSA2.0など、マイクロソフトのパッチ・スキャンおよび配布テクノロジの最新バージョンも、このプラットフォームを使用している

@IT:Insider's Eye -- 配布テクノロジを統合強化し、パッチ・スキャン結果の混乱を解消

地味な記事だがやってることは凄いな。Windows Update AgentのAPIの使い方を少し真面目に調べておこう。

Office Detection Toolって何だろう?

Enterprise Update Scan Tool の入手方法および使用方法の説明によると、ESTでもMBSAでも無いようなのだが、単体のツールとして見つからない。MBSA2.0の中のOffice関連のスキャン機能のことを指すのだろうか?んー?

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Webサービス, Windows, ツール, 覚書 , ,