WeekendCooking - 適宜覚書-Fragments

WeekendCooking

      2017/03/02

継続は力なり!ってあまりまだ力になっていないけど、今週もお料理のお時間です。昨日会社からの帰りがけにお小遣いで材料を調達してきた。お題は味噌ラーメンとカチャトーレ(鶏肉のワインビネガー煮)。

味噌ラーメンはともかく何故カチャトーレなんて横文字な凝ってそうな料理を作るか…と言うと、デルモンテ 完熟・トマトソースチキンカチャトーレ用を見つけて美味そうと思ったというのと、ソースが出来合いなら比較的簡単に作れるっぽいからだ。メーカは違うが、カゴメの鶏肉のトマト煮・チキンカチャトーラには動画で作り方を掲載している。丁度、から揚げ用の鳥モモ肉が値引きされていたので玉葱1個とピーマン2個を併せて購入した。本当は一袋で買った方が良いのだが余らせても困る。

まず、今日の昼ご飯に味噌ラーメンを作成した。別途購入していたカット野菜を炒めて並行して煮たラーメンに和えて出来上がり。カット野菜は量が多いので余したのは炒めた奴を更に取っておき、今度は晩御飯用カチャトーレを作る。包丁の使い方はサッパリ分からないが、玉葱の外皮を剥いてからくし切りにして、ピーマンは中の種と筋を捨てて適当に縦に切った。正直包丁は怖い。鶏肉を全体に焼き色がつくまで炒めろと書いてあるが、意味が分からないので黄色くなるまで炒めた。で、さっきの玉葱、ピーマンとラーメン用の残り野菜を併せ炒めた。炒め時間は書いてないので玉葱が透明になった後飴色になるまで徹底的に炒めた。(これで良いのかorz)後は水200gとソースで10分煮た。味見した限りでは結構美味しいような気がする。とりあえず、冷蔵庫で冷やして晩御飯で賞味する。どうかなあ?うーん。

包丁の使い方

全く分からんが怪我するのは嫌だ。そもそも言葉の意味がサッパリ分からないので図解や写真を覚書しとく。

レシピ

調味料屋(?)や食品メーカのレシピは結構馬鹿にならんなあ。

カチャトーレ美味かった

うん。美味いし好評だった。特に残りの野菜を使ったので普通カチャトーレの具材にはならないキャベツやモヤシが美味い。寝かしたおけげでカレーやおでんみたいに味が深くなってしみているしな。

似ていると言えば、これ煮込みハンバーグの汁やパスタのソースによく似ている。それだけトマトソースはあれこれ相性が良くて応用範囲が広いのだろうなあ。溶けたチーズをたらし込んでも美味そう。さて、次回はどうしたものか。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書