ガーン!サイバー攻撃を受けた場合に反撃できるよう、自衛隊にハッカー部隊をおくべき…なのか!? - 適宜覚書-Fragments

ガーン!サイバー攻撃を受けた場合に反撃できるよう、自衛隊にハッカー部隊をおくべき…なのか!?

      2017/03/02

  • http://www.bits.go.jp/conference/seisaku/bunka/dai2/pdf/2siryou2.pdf

まあ、まだ議論の途中の一意見を取り出して云々言うのはフェアではない気がするが…。

  • インターネットを免許制にすべき。
  • ソフトウェアに欠陥、特にセキュリティ上の欠陥がある場合はリコール制をとるべき。
  • サイバー攻撃を受けた場合に反撃できるよう、自衛隊にハッカー部隊をおくべき。

NISTセキュリティ文化専門委員会 第2回会合議事要旨

うわあ。凄すぎるよ。まあ、中国にはインターネット規制法なんてのがあるけど、そういう方向なんだろうか?うーん。多分ゴールド免許よりかは普段乗り回している無免許の方が余程技術的には適正だったりするだろうけど…ってそういう話じゃないな。

リコールは…まあ消費者的には嬉しいのだけれど、これをまともにやったらソフトメーカはどうなるんだろ?とりあえずコストが上がる分売価を上げるのかな?

最後は…いくら何でも馬鹿げている。反撃!それも自衛隊が!!サイバー世界では専守防衛でなくても良いのだろうか?っつーか海外でも表立ってこういう好戦的な面を最前面に出したりしないよなあ。(やることやってたとしてもさ)

誤解を避けるために繰り返し書くが、これは議事要旨のアレレな一部をわざと抜き出したもので、全体を意味するものではないので、上記を読んで反射で全体を批判するのはご勘弁願いたい。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 ,