グループワークトレーニング - 適宜覚書-Fragments

グループワークトレーニング

      2017/03/02

なんだか分からないのでちょっと調べたよ。自分がこんな感じーって思ってたものがメソッドとして既存なのは当然かもしれないけど興味深いなあ。

ただ、方法は同じでも目的が違うとも思う。なるほど講義型教育と比べた場合、俺のイメージはもっとフラット。教育という立場はどうやったって、上から下。協調的にビルドアップするという意味では、小集団活動に近い。逆に言えば、この手法は条件を相当絞らないと発散は必至。

よくワークショップとかシンポジウムとか横文字があって聞きなれているんだけど、意味がピンとこないんだよ。無知なだけっつーのもあるけどさ。もっとシンプルな話じゃないのかね。もっと平易にするとさ、要は井戸端会議なんでないのかね?

関連書籍

んー。俺が知らんだけで歴史古そう。でもって最近またちょっと再燃気味なのかな?

グループワークの専門技術―対人援助のための77の方法

グループワークの専門技術―対人援助のための77の方法

生涯学習支援のための参加型学習(ワークショップ)のすすめ方―「参加」から「参画」へ

生涯学習支援のための参加型学習(ワークショップ)のすすめ方―「参加」から「参画」へ

ケースワークの原則―援助関係を形成する技法

ケースワークの原則―援助関係を形成する技法

参加型ワークショップ入門

参加型ワークショップ入門

ワークショップ―新しい学びと創造の場 (岩波新書)

ワークショップ―新しい学びと創造の場 (岩波新書)

ファシリテーション革命 (岩波アクティブ新書)

ファシリテーション革命 (岩波アクティブ新書)

GWT(グループワーク・トレーニング)のすすめ―ヒトを人にする

GWT(グループワーク・トレーニング)のすすめ―ヒトを人にする

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書