2005年中央大学公開講座「情報セキュリティ確保のためのPDC」最終日 - 適宜覚書-Fragments

2005年中央大学公開講座「情報セキュリティ確保のためのPDC」最終日

      2017/03/02

終わった。午後イチの細野先生の授業は豪快の一言。アホアホバカバカ連発されていた。街づくりは大変だ。なんとなく倫理を担当された笠原先生に通じるものがある。タイプは違うけど…。

今日は昼サッサと一人でとって、生協に行っていた。

暗号と情報社会 (文春新書)

暗号と情報社会 (文春新書)

を買った。Amazonの書評を見るといきなしエニグマ暗号機(独)とサイファ暗号機(米)を間違えてくれています!とある。どれどれと見ると93Pにエニグマ暗号機の写真と説明というのがある。俺は暗号機のことなんか知らないのでエニグマ暗号機検索してみた。確かに何か違う。サイファ暗号機と検索しても見つからなかったが、書籍にある写真はHagelin US Army M-209-Aなのかな。まあ、内容として本質的な部分ではないけどな。

脱線ついでに国際スパイ博物館のサイトを見つけた。()

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 ,