ドリドリ - 適宜覚書-Fragments

ドリドリ

   

今日は朝はゆっくりめ。講座の中日でお休み。朝は娘と遊ぶ。昨日の講座で子供をテレビ任せにして親が遊んだり楽したりしているというのは子供の原初の教育を教師が放棄しているに他ならないということだと教えられた。思い返せば「お母さんといっしょ」を強力なベビーシッターとして活用しているので反省しきりだ。単純だなと自分で思いながらも、遊ぶと結構楽しい。自分の時間を侵食されるという嫌な捉え方に囚われてもいるのだが、親が親を放棄しては子に復讐されるのは必然かもしれない。

で、午後は会社。昨日工事をしたが俺は講座で立ち会わなかったのでその他の残務確認も併せ出勤。床上げ配線確認。螺子止めしてあるのでちょっと大変。事務所は誰もいないので効率的だが、一人だけでいるのは寂しい。

テレビは悪か?

家で話題に挙げたら物凄い剣幕で怒られた。曰く「24時間子供育てる身になってみ」「テレビをつけても楽にならない。結局絵本と同じで気に入ったところを何回もリピートさせられる」「テレビつけないとずっと散歩をこの暑さでしなきゃ」。つまるとこ「子育てしたことのない人の意見」うむー

超こってりしぼられた。下手な話題をあげてはいけないorz

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書