今日の一日 - 適宜覚書-Fragments

今日の一日

   

まだ会社には人が少ない。ちょっと声をかけてサーバメンテナンスに一時停止というのが気楽に出来る状況。以前から動作がおかしかったWSUSの見直しを行った。WindowsServer2003上で動作させれば問題ない部分もWindows2000サーバだとあれこれ出てくるらしい。俗に言う要らぬ苦労なのだが、基本Windows2000ネイティブな環境だし文句言っても仕方ない。WSUSのためだけにサーバOSとサーバハードくれとは言えない。

問題の現象は、クライアントがサーバのリスト上に挙がってこない。もしくは一旦挙がって来たもののレポートを返さない状態がずっと続き、パッチも当たらないという状況。SUSの時は全く問題なく動いていたのに何故だろう?SUSからWSUSに移行しようとしたり、既存SQLサーバにWSUS用のDB作ったり、Windows2000用にWSUSの前提環境を作ろうとしたり、既存Webサーバと重複しないよう別ポート使っていたりあれこれ煩雑な状況がある。

とりあえず、何は無くともマニュアルである。WSUSマニュアルの和訳は素晴らしく充実してきた。操作ガイドにズバリそれっぽい項目があって、クライアント コンピュータの管理に関する問題。まず、クライアントの自己更新問題があるかどうかだが、これは問題ない。レガシーモードになっていないし、WSUS サーバーに関連付けられているようだ。WSUS サーバーの IIS ログを見ても特にエラーは無い。…というか過去に遡っても数台のクライアントからしかアクセス履歴が無い。クライアントが更新された時は正常に繋がっていたがその後ずっと今に至るまでまともに要求してこなかったらしい。

ではWSUS クライアント コンピュータのネットワーク接続かと思い、http://<WSUS サーバー名>/iuident.cabを行ったがこれは正常。更にクライアントの%windir%\windows update.logを見ると、エラー発見!何度も定期的にエラーを起こしつつサーバを探しに行っている。エラーコードを元にWebで検索してみると幾つか似たような事例が見つかった。そこにはWSUS クライアント側ではなく、WSUS側の内部エラーで一旦WSUSをクリーン再インストール(パッチのDBも再取得)すると上手く行ったらしい。半信半疑で行ってみたところ、正常動作した。

対策と言うには、思いっきりざっくりスクラップ&ビルドなのだが、内部エラーを追いかけ回すのは俺には無理だし、出来ても時間を浪費する。(人の参考にはならないけど)

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, 覚書 , ,