米で220キロ間での無線通信に成功--デフコン接続距離コンテストの記録を上回る - CNET Japan - 適宜覚書-Fragments

米で220キロ間での無線通信に成功--デフコン接続距離コンテストの記録を上回る - CNET Japan

   

距離の差を具体的にイメージ出来ないけど、俺にしてみたらどちらにせよ「電波ってよく飛ぶんだなあ」と感じる。

このときの勝者、オハイオ州シンシナティの大学生グループは伝送距離125マイル(約201.2キロメートル)を達成していた。このグループは、IEEE

802.11bに準拠した技術を利用して、ラスベガスの砂漠地帯で2台のコンピュータを接続した。伝送速度は11Mbpsだった。

米で220キロ間での無線通信に成功--デフコン接続距離コンテストの記録を上回る - CNET Japan

802.11bの規格として屋内での標準的な伝送距離11MBps 時: 100フィート (30メートル)、1Mbps 時: 300フィート (91メートル)、屋外での標準的な伝送距離(見通し距離)11Mbps 時: 400フィート (120メートル)、1Mbps 時: 1,500フィート (460メートル)とされているらしいが、仮にパラボラアンテナを使っていたとしてもこの到達距離は脅威だ。つくづく素で無防備に無線LANなんて使うものじゃないなあ…と思う。(うちの近くには2つほど丸裸っぽいアクセスポイントがある。ああ、あるなあと眺めるだけだけど)

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書