ITmediaニュース:無線LANの盗用で逮捕者――ユーザーに求められる対策は? - 適宜覚書-Fragments

ITmediaニュース:無線LANの盗用で逮捕者――ユーザーに求められる対策は?

   

珍しい。何が珍しいって逮捕されるような状況に陥ること自体珍しい。

もっとも、バンクストン氏によれば、Wi-Fiの盗用を理由とする逮捕は依然として稀であり、ネットワークに入り込んだ人物の訴追が難しいケースもある。侵入者が、意図的に公開されているネットワークの信号を活用したのではなく、そうした信号を故意に探しまわっているということを証明するのは難しい。逆に言えば、無線信号を探していて、たまたま隣人の無線LANを見つけたという場合、それを理由に罰せられるという可能性は極めて小さいはずだ。

ITmediaニュース:無線LANの盗用で逮捕者――ユーザーに求められる対策は?

とりあえず発見されるという初動すら偶然以外では難しい(専門家は探すすべを持つのかもしれないが、普通は持ってない)。で、見つけたところで挙動不審による職務質問や「署へ同行」となれば良いが、それも状況や空気次第。で、連れ込んでみてネットワーク不正利用を証明出来たとして、それが偶発的か恣意的かも判別できない。「僕パソ」でも書いてあったが、平文通信を傍受したところで黒ではなく黒灰色。最悪WEPでも構わないから暗号化したものであるなら、それを解読しようとした段階で盗聴の意図ありと問う要因にはなる。その行為を確証するのは至難の業なんだろうけど…。

個人用途の無線ルータなら、例えばBUFFALOの製品みたいにAOSS(AirStation One-Touch Secure System/メーカのセキュリティ簡易セットアップ)でセットアップ時からAESやTKIPで暗号化通信をルータ-クライアント間で設定出来る。他のメーカも多分そうで、少し前みたいにルータの設定用組み込みWebページからエンヤコラという状況ではない。実際に俺自身が使ったことがある訳ではないが、これらの設定機能は任意選択ではなく既定で強制されるようになっているなら安全性はもう少し猶予を与えられるのでは…と思う。(確保、と言うと幻想みたいなものだろうし)

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 , ,