テレビアンテナ - 適宜覚書-Fragments

テレビアンテナ

   

後回しにしていた新居のテレビアンテナ設置依頼を済ませた。どうもテレビアンテナというのはイマドキ鬼っ子の扱いである。まず、売主に相談したところ「ホームセンター部門を紹介します」で、ホームセンター部門に相談したら、「お近くの電器屋さんにどうぞ」だ。仲介業者に相談したら、電波障害があるかもしれないからケーブルテレビを勧められる。最近は引越し業者も引越しにかこつけて色々な斡旋商売をしているのでここに相談したら「電波状況によって増幅器付けたりしますので幾らかかるか分からない。それと取り付け部隊が調整つくのは最短で10日後」とか…。

そりゃまあ「今更地上波ですか?ケーブルだと綺麗だし、多チャンネルですよ」というのはわかるけど、テレビの視聴に金かけたいとも思わないんだよな。今まで見られた程度の内容をただながらで見て情報をプッシュして欲しいだけ。映画とかみたいならDVDでも良いし、インターネット配信でもオンデマンドで見たいものだけ必要な経費で視聴出来る。本当に見たい旬の映画なら映画館に行くし、スポーツ見たいともアニメ見たいとも思わない。需要の無いところにあれこれ言われても余計な世話だ。

消費文化は要らんもの買わせて出来るだけ無駄に捨てさせて次の要らんものを売りつけることで成り立つ訳だが、そんなのに付き合いたく無い。まあ、地上波テレビも下らない内容が多い訳だが、広告をフィルタしてしまえばそれなりに楽しめる。いずれ到来するらしい地上波デジタルだが、美しい画面表示は要らない。あっても悪くないけど投資するに足らない。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書