Wikiでマニュアル - 適宜覚書-Fragments

Wikiでマニュアル

   

よくWikiの纏めページでマニュアルを作って公開されているけど凄いなあと思う。作りやすい環境をエディタ等で整備しているのかもしれないけど、画像作ってリサイズして貼り付けてレイアウトしてなんて考えると、シチ面倒くさいという感じが凄くする。はてな日記やblogツールも然り。画像を大量に使うことを考えると、市販のWebページエディタで作る方がずっと手軽だ。後Web公開を視野に入れないなら、苦手と書いたがワードプロセッサで作ってPDFで吐き出した方がずっと短時間で出来が良いものが出来そうな気がする。

これは別に市販のWebページエディタやワードプロセッサが機能的に優秀だと言っている訳ではない。多分使う人が使うと他のツールでマニュアル作った方が的確なのだろう。俺の場合、文字だけで何とかなる内容なら日記やシンプルテキストにしておくんだけど、画像が混ざると途端に駄目。「どうしよう?」と思ってしまう。確かにテキストだけで出来ることも多くあるんだけど、画像だと一目瞭然、説明するまでもなし…というような状況も結構ある。ホントどうやってやってるんだろ。慣れと勢いでチクチク内職みたいなwiki記法使ったりするのかな?

Wordの話でもそうなんだけど、仕事に必要な(或いは目的に対して的確な)ツールは嫌だろうが何だろうが使い方を覚えないと話にならない。分かっているんだけど、なかなか着手しない。orz

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書