チョークレスボード - 適宜覚書-Fragments

チョークレスボード

      2017/03/02

テレビで宣伝していて少し気になったので覚書。会社ではホワイトボードを使っているが、代替になるものなのだろうか?うちの娘がお絵かきに使っている磁気ボードをそのまんま大きくしたような感じだとすると、ペンで書いた軌跡へのトレース精度が懸案だ。磁石を使う分盤面の劣化はしにくいような気もするが、線がモジョモジョと毛羽立った感じだと、さほど精密性を問わない書き物でも今の環境に比べて劣ると看做されそうだ。

文房具調べついで…というには牽強付会だが、最近お気に入りの蛍光ペンがあるので、これも覚書。三菱鉛筆のuni プロパス ウインドウ。ペン先に窓が開いているというのが売りで見聞きするだけなら「ふーんそう?」とスルーされること必至だが、これほどラインを引き易い蛍光ペンは無い。俺みたいにぶきっちょだと普通の蛍光ペンだと定規をあてたり、慎重にひかないと綺麗なマーカにならないが、これはかなり適当に使っても綺麗にイメージ通り引くことが出来る。偶然立ち寄ったコンビニで買って近くでどこで売っているのか分からないが、次もこれが欲しい。

文具と言えば

思いつきでちょこっと検索。どうもこれを趣味にしている人も多いようで面白いサイトがゴロゴロしてます。

  • 色物文具専門サイト【イロブン】『使えない』『使えるけど何かヘン』『いきなり見た目からバカ』など、道具としての存在価値からして危ういような文房具ばかりを集めたトコ
  • きたきつねの文具館充実文房具リンク
文房具を楽しく使う(ノート・手帳篇)

文房具を楽しく使う(ノート・手帳篇)

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書