次期WindowsでのRSS採用によりセキュリティに不安が生じる可能性 - 適宜覚書-Fragments

次期WindowsでのRSS採用によりセキュリティに不安が生じる可能性

   

確かにユーザ数が多ければ狙われるようになる。Firefoxがデフォルトセキュアだ何だって言おうが、結局ユーザ数が多くなれば脆弱性を指摘され狙われるようになった。何を使うかは確かに重要だが、問題はそれだけではない。

ただ、よく分からないのはRSS自体がセキュリティの問題と結びつくのは変な話。ただの文字列じゃん。HTMLみたいにデータをPUTするようなことも無い。不思議。確かにXSLTやJavaScriptと組み合わせる、もっと言ってしまえばMS謹製のスクリプト言語や.Netと不離のリッチな何かになってしまうなら話は別だ。(PDCというデベロッパ向けのイベントだしなあ)どういう観点でセキュリティと結びつくのか是非知りたい。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, 覚書 , , ,