OpenMYAおそるべし - 適宜覚書-Fragments

OpenMYAおそるべし

   

げー。マジで楠さんつっこんじゃった。凄い。ちょっと前の上原 哲太郎さんの時は更にビックリして、よう反応出来なかったが…。まあ、俺あまり業界ズレしてないんで有名人つってもあんま知らない。ちょっと前までは横山哲也さんも知らないで聴講して「何だ、このシニカルで偉そうなオヤジは。一発かましたろうか」というのが第一印象で、二回目も前知識無くmstepで細かいオプションやログの解釈について質問責めにしてスパスパ回答が帰ってきたので「何者?」と思い調べたらWindows方面の大御所だった。

知ってしまえば結構ミーハーなのだが、俺は自分なりにその人にツッコミを入れて相手の守備範囲を確認する過程を必ず通す。技術的にいかに優れていようが矛盾なく話を進められるか…とかね。身の程知らんと言われ様が、下手に偶像化して持ち上げるのは無駄なこと。ただ、一方でそういう人達と接点を持つこと自体簡単ではない訳で、更に言えば生の意見(公には差し障りあることも含む)を聞く機会なんてそうザラには無い。その意味でOpenMYAやコミュニティ活動は凄いなあ、有難いなあと思う。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, 覚書