マイクロソフト、Longhornサーバのテスト版を今夏リリースへ - 適宜覚書-Fragments

マイクロソフト、Longhornサーバのテスト版を今夏リリースへ

   

んー。2003サーバにすらまだ上げていないし、SP1やR2の変更点も全く頭に入っていない。確かにこれまでの2-3年スパンのOSバージョンアップの流れからすれば、Longhornサーバは既に出ていておかしくないのだが、興味本位でおっかける以上のとこ業務でどの程度必要となるのかよく分からない。

先に書いたようにぶっちゃけようやく2000ネイティブにしたばかりの状況で次へ…とは社内では言い出し難い。NT使っているなら中抜きして上げるのは別に良いけどね。

まだ試したわけじゃないから確証持って言える訳じゃないけど、NT=>2003と2000=>2003の移行だと前者の方が容易というのをそこここで聞く。それもドノーマルの2003。だから、機能向上は勿論望ましいんだけど、ここ一年弱の動きの激しさを見ていると落ち着くまで業務で手を出したくないっていうのが本音だ。無論6/30時点でのWin2000への基本サポート終了は重々承知だが、まだ天秤にかけるほどじゃない。

ところでMSHがLonghornでは搭載されないっていうのは本当なのかな?どこかで目にしたんだけどブックマークし忘れた。まだMSHの評価は途中だけど、出来れば後付けじゃない方が良い。WSHのようにある程度使用可能と保障出来るまでにして貰わないと管理用に使いにくい。(出来れば、通常のコマンドライン並みにあるバージョン以降のOSなら必ず使えるくらいが望ましい)WSUSで後で配布としても良いが、そういう位置付けのものでもなさそうな気がする。

元々見つけたのはどこかのblogだったが

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書