ヘルプのインストールと共有 - 適宜覚書-Fragments

ヘルプのインストールと共有

   

WindowsServer2003の評価版を自宅のノートPCに入れていじろうとしたが、VMWAREのインストールCDが手元に無い。とりあえずヘルプだけでも使う方法は無いかと思ったが、WindowsServer2003のCDには直接見える形ではヘルプが見当たらない。どうせあってもchmファイル同士の依存関係もある。

しかし、確かWindowsXP以降のヘルプとサポートセンターには他のOSのヘルプを読み込めた筈だよなあ…と朧げな記憶頼りで調べたら表題機能があった。

  1. ヘルプとサポートセンターを開く
  2. 「オプション」ボタンをクリックする
  3. 「ヘルプのインストールと共有」をクリックする
  4. 「CD またはディスク イメージからヘルプの内容をインストールする」をクリックする
  5. CDのドライブを参照し、検索を行い、インストールを行う。

で、インストールは完了する。使用する際は

  • 「オペレーティング システムのヘルプの内容を、別のオペレーティング システムのヘルプの内容に切り替える」から対象ヘルプを選択する。

非常に便利だ。ただ、惜しむらくはWindowsXPに2003のヘルプをインストールして切り替えて使った場合、ヘルプの中身しか検索出来なくなる。Microsoftサポート技術情報を併せて検索出来るというヘルプとサポートセンターの便利な機能が使えなくなるのは非常に残念だ。(ヘルプ部分の挿げ替えだけを期待していた)

helphcr.exe

ヘルプとサポートセンターの実体は主にhelphcr.exeでコマンドラインでこれを叩くことでLaunch_Description.dtdスキーマによる制御が可能となる…と書いてあるけど肝心のLaunch_Description.dtdはどこにどう定義されているのかサッパリ分からない。んー?

それと、helphcr.exeへのパスが通っていないのはうちのPCだけの問題なのかな?後、/?オプションが利かない。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, 覚書 , ,