Microsoft、グラフィックツール「Acrylic」のβ公開 - 適宜覚書-Fragments

Microsoft、グラフィックツール「Acrylic」のβ公開

   

おやまあ、ベクタ画像ツールにも手を出しているとは知らなかったよ。趣味でMSの人が作ったPaint.netも高機能なフォトレタッチソフトに仕上がっていたがこれはどうなんだろうね?ベータテスタ(人柱)を買って出てはバギーなもので遊ぶのが好きな俺としては見過ごせない。

ということで早速ダウンロードしてみた。約80MBもある。解凍してインストールしてみたところインタフェースはごく一般的なドローソフトっぽい。ただ、妙にメニューやサブメニューが細かい。多機能な一方整理されてない感じがする。ファイルはxprというAcrylic専用の形式で保存することになるが、gif,png,jpg,psd.tifという一般的な画像形式の入出力、イラストレータのai形式、pstやpdfのエクスポートがサポートされている。個人的には不要だがhtmlやaspでimg要素かobject要素で挟んで出すことも可能のようだ(未検証)。プリント、Web、ビデオ、インタラクティブメディアのデザインに利用できるってのはどの部分を指すのだろうかなあ?

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 ,