Data Protection Manager ベータ日本語版ソフトウェア - 適宜覚書-Fragments

Data Protection Manager ベータ日本語版ソフトウェア

      2017/03/02

バックアップ対象は,Windows Server 2003が稼働するファイル・サーバーやWindows Storage Server 2003搭載のNAS(ネットワーク接続ストレージ)。これらのOSが備えるVSS(ボリューム・シャドウ・コピー・サービス)機能を利用して,クライアントからのリカバリ作業が簡単にできるのが特徴である(関連記事)。対応するクライアントOSは,Windows 2000/XP。正式版は,2005年内に出荷開始の予定。

丁度VSSによるイメージベースのバックアップについて調べていたので渡りに船だ。オープンファイルのバックアップには幾つか方法が挙げられるが、バックアップ時間の短縮、世代管理の容易性を考えると、VSSは良い方法だ。ただ、実装となるとOS備え付けのものならNTBackup或いはメジャーどころのサードパーティのバックアップソフトウェアがVSSの利用をサポートしてはいるが、それに特化している訳ではない。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, 覚書 , ,