平成教育委員会 - 適宜覚書-Fragments

平成教育委員会

      2017/03/02

やはりたけしは手馴れている。逸見さんとの組み合わせが偲ばれる。公式サイトは上手い作りで番組を見なかった人でもクイズゲームみたいな感じで遊ぶことが出来る。

俺が特に面白いと思ったのは「ヤジる」のヤジは親父の後ろを取ったものであること。今となってはそれ自体古びた言葉ではあるが、こういう音からくる略し方は今の略語の流れと同じものだ。

似たようなところで脳内エステIQサプリは番組構成やコンセプトが上手い番組で正解に固執しないという新機軸とレギュラーの取り込みが出来ている。ただ、問題がトンチの域であるため、知識の取得という意味では足しにならない。そこを目指していないことは分かっているが、スッキリとしない後味の悪さを感じる俺は多分この番組に筋違いな欲求を持っているからだろう。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書