講習と言えば - 適宜覚書-Fragments

講習と言えば

   

先週の4/13(水)に新宿住友ビルでMicrosoftSecureSystemTrainingのIT Pro#1/#2Updateを受講した。講師はグローバルナレッジ社の横山氏だ。横山氏と言えば、Windows Server 2003完全技術解説の著者として、またMVPとして著名な人物だが、NT Comittee2の勉強会で斜に構えた第一印象で「何だ、この人は?」というイメージが強かった。

今回受講してこれは誤解であったことがよく分かった。俺が言うのはおこがましいが、プロだ。大きな波や派手な演出は無いが、必要な部分を与えられた時間の中でいかに上手く伝えるかということに注力していることが分かる講義だった。静かな語り口だが、現場で欲しいと思う情報への言及やリソースをバランスよく紹介してくれていた。また、実際に触るかMicrosoftの公開ドキュメントにしか書かれていない日頃よりの疑問を空き時間にぶつけてみたが、非常に的確な解答を、高所からではなく相談に乗る形で対応してくれた。

実は今年度、グローバルナレッジの講習を幾つか受講予定しているのだが、これなら十分儲けものだと思った。まだ先の話だがとても楽しみだ。

SecureSystemTrainingの内容は昨年分に対し一部更新であるため思った程新しい話は無かったが、復習になった。細かい部分はいまだ纏めきれていないが記憶から揮発する前に纏めないといけない。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, 覚書 ,