勝手翻訳の問題 - 適宜覚書-Fragments

勝手翻訳の問題

   

いつも権利問題で悩む。情報を理解した範囲で再構成するのであれば全く問題は無いと思うが、英語の文献やWebサイトの文書、プレゼン資料を勝手和訳したものを公開してしまいたい欲求に駆られる。

MicrosoftはWebにおいて随分な嫌われ者だが、公式の和訳文書の量や翻訳の本家発表タイミングからのロスタイムの短さは評価されるべきだ。しかし、それにしたって元が膨大過ぎる。翻訳対象をどう選ぶかというプライオリティがユーザには分からないから、これいつ翻訳してくれるのかとヤキモキするものもまた多い。オープンな文書の場合、規約を守れば翻訳はむしろ推奨されるものだが、メーカの文書の扱いは難しい。いかにゴニャゴニャと「この文書の責任は負わない」と書いてあるような内容でも、その一方で「勝手に素材を転載したりするな」ということも書いてある。確かに勝手翻訳だと品質が保障出来ず、下手すれば間違いを流布するだけになってしまうかもしれない危険はある。しかし、もう少しここら辺気楽にいじらせてくれるようにしても良いような気がする。

今回のブルースクリーンエラーのプレゼン資料も和訳済みPPTやPDFで作成済みだが、晒すには小心なのであれこれ加工してゴテゴテ補足している。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書