久しぶりに - 適宜覚書-Fragments

久しぶりに

   

Shall We Dance?を見た。今公開中の奴じゃなく、昔の邦画版。役所さんが冴えないサラリーマン主人公でとてもハマっているし、竹中さんの妙な脇役も光っていた。(特に頭と眼光)肩に力が入らない不思議な流れで進むが、決して飽きさせない。大作主義とは違う方向性で今でも十分楽しめた。

この作品の良いところは綺麗に終わるけど、決してご都合主義を最後まで見せないところだ。最近の映画だとエンディングロール中やその後に後日談を載せ、随分凄いところまで登場人物を上らせてしまう。でも、本当のところそれは話をつまらなくさせる所感だ。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書