USBストレージなどの接続を監視記録「DriveSensor」 - 適宜覚書-Fragments

USBストレージなどの接続を監視記録「DriveSensor」

   

USBメモリやハードディスクの接続を禁止するポリシを遵守するようにしている会社は多いだろう。ただ、そういう状況であってもUSBでの接続が出来ないようにPC自体に設定するのに二の足を踏む場合がある。管理者の運用工数軽減、安全性という視点も大事だが、現業業務が回ってこその会社であるという意見の方が強い場合がある。だからと言って放置すると何か問題が起こってから「何やっていたんだ?!」と言う叱責だけを受けるという羽目になりかねない。

このツールは、USBストレージなどの接続を監視記録をするためのものだ。

。ログに記録するのは、ログオンユーザー名、ログオン日時、接続したドライブの種類、ディスクドライブの固有ID、ドライブの接続・切断日時など。オプションでログの保存日数も指定できる。ログ表示などの操作はタスクトレイアイコンの右クリックメニューから行うが、操作用パスワードを設定することで管理者以外はログ閲覧や設定変更をできなくすることが可能だ。

窓の杜 - 【今日のお気に入り】USBストレージなどの接続を監視記録「DriveSensor」

ここでログを取得しておけば現状を把握することが出来、以降の対応のための材料にすることが出来る。

窓の杜 - 【NEWS】USBメモリでPCをロックしたりストレージ接続を禁止できるソフト「USB TOOLS」

id:hanazukinさんが紹介されている。こちらは制御用のツール。それも性格が異なる二種の機能を持っている。

  • USB機器をカギとしてPCへのアクセスを管理出来るようにする。
  • PCに対してUSB機器を繋げた際の挙動を指定する

いちいちレジストリいじったりしないでも設定のオン/オフを切り替えられるのは嬉しい。併せて使うと良いと思う。

関連

このメーカサイトでは他にもちょっと面白そうなツールがある。

印刷スプールのステータスから印刷枚数をカウントしてユーザー毎やコンピュータ毎に集計をします。コンピュータ毎の集計は印刷スプールを共有している場合(プリンタとFAXでインストールした後に共有設定をした場合)にデータが収集できます。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - ツール, 覚書 , ,