考:「いただきます」って言ってますか? 「給食や外食では不要」ラジオで大論争-家庭:MSN毎日インタラクティブ - 適宜覚書-Fragments

考:「いただきます」って言ってますか? 「給食や外食では不要」ラジオで大論争-家庭:MSN毎日インタラクティブ

   

なんで「いただきます」って言うかなんて考えたこともなかった。どうしてなんだろうね?自分の場合、習慣としてご飯の時は「いただきます」と「ごちそうさま」って言っているな。理由とか考えずに実行していたんだけど、習慣化していると何も言わずにいると節目が無い感じになるのはどうも居心地が悪い。家で食べたり、人の家でご飯を頂いたりする際は、作ってくれた人へのありがたみを示すという意味合いも含めるので言わないで済ますということはあまり無い。一方で聞く相手がいないような場合、例えばお店で一人で食べるような時はあまり言わない。お店でも一緒に食べる人がいると言う。整理すると、自分の場合は

  • 誰か自分以外の人が食卓にいる、連れ立っている(必須条件)
  • 一緒にいる人がご飯を作ってくれた場合に感謝の姿勢を示す
  • 一緒にいる人がご飯をおごってくれた場合に感謝の姿勢を示す
  • 習慣

といった感じになる。お店の人を意識することは無いなあ。だから、「いただきます」と言ったから、デザート無料なんてのは変だと感じる。まあ、くれるもので美味しいなら無下に提供を断るほど高潔でもないけどね。

ただ、なんだろ。義務じゃないけど、一緒にご飯食べる機会があって何も言わずにおもむろに食べだして終わって好き勝手にやっているような連れと一緒に食べに行くってのはちょっと嫌かもしれない。例えば喫煙する・しないみたいなのと同じで「悪くない人かもしれないけど、合わないなあ」という感じで距離を置いてしまいそう。神経質と言えば神経質なのかな?

疑問も残る。盲目的にそういうものだと思っていたし、子供にも食べるときはそう言うものだよと教えようとしていた。けど、自分でもすっきりしないことをただ刷り込むのはどうなんだろう?教えて継承しちゃうと自分の内心の自由だと言って投げるのも無責任な感じもする。うーん。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書