「スパイウエアは企業のIT資源を食いつぶす」---米CA セキュリティ担当ディレクタ:IT Pro - 適宜覚書-Fragments

「スパイウエアは企業のIT資源を食いつぶす」---米CA セキュリティ担当ディレクタ:IT Pro

   

  • スパイウエア起因ネットワーク・トラフィック増、平均で20%-40%
  • ウインドウのポップアップ等による生産性低下
  • レジストリ書き換えでOS動作不安定化
  • CPU資源の浪費

確かにこのIT資源の浪費は損害だ。ただ、対比させる対象として「もちろん、ユーザーの個人情報を収集されても、ビジネスに直接のダメージを与えるわけではない。」というのはなんか変だ。取っていくものが個人情報であるとは限らないし、個人情報はその機器の持ち主のものだけなんてこともない。金になるものなら何でも取捨選択して美味しく継続的に吸い上げるのだろうから、脅威としては大きいだろう。

…とこれまで思っていたのだが、捉え方間違えてるのかな?んー?まあ、受け取り手がどこに位置するかで視点が変わるっていうのはあるんだろうね。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 ,