SCM - 適宜覚書-Fragments

SCM

   

弊社内のSCMは2000年あたりから長々何期もやっている一大プロジェクトだが、構想だけ広がりすぎて虚実入り混じってどうにもならなくなっている典型だ。運用一本でそういう泥沼は見ないふりをして通してきたが、とうとう投入されてしまった。運用みたいな汎用業務に拘るなら先は無いことを覚悟しろ…と言われるとどうにもならない。(運用業務に誇りも愛着もあるが、今この瞬間に放り出されるのは都合が悪い)断腸の思いだ。

「製品を作る製造業(ユーザ企業)のプロパーで運用をやるというのは縁の下の力持ちを通り越して空気扱いになってしまう。訳のわからない経営者からしてみれば、アウトソースが安いので全部変えてしまえ…らしい。一旦積み上げられて、間を人が埋めていたことを財産と考えないことの報いはすぐに出る。壊したものは簡単に埋まらない。」と思いはしたが伝える気も失せた。

ということで引継ぎしつつ畑違いの仕事を開始した。うー。あわねえ。徹底的にあわねえ。でも、兎に角エンドポイントだけ決められているんでゴネてるだけ時間無駄。orz

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書