システムドライブが壊れた - 適宜覚書-Fragments

システムドライブが壊れた

   

うう。晩飯の時にゲームを動かしたまま自宅PCを放っておいて3時間…Windowsのシステムドライブが壊れてもうた。デュアルブートにしていたOSが動くので物理レベルでディスクが壊れたという訳ではないようだ。とりあえずWindowsXPインストールCDで復旧を試みたり、KNOPPIXで起動して状況確認したりしようとした。通常ドライブの認識がおかしいというと、MBRやブートセクタ系なのでASRで何とかなるレベルなのだが、どうやってもドライブを認識すらしない。

仕方がないので新規インストールということになった。転ばぬ先のバックアップだが、家のPCにはそういうリスク対応していなかった。一応データの多くは別の外付けディスクに入っているので良いが、主たるプロファイルやレジストリの消失、メールデータ、cookieの消失は痛い。各種修正ファイル、ドライバ、アプリケーションの再インストールの時間を考えると嫌になる。まあ、考え方を前向きにするなら肥大化し過ぎてどうにもならなくなったレジストリが一気に綺麗になったので、自分で取捨選択して正常化する手間が省けたとも言えるけど…どう自分を誤魔化しても参ったという感じだ。

とりあえず、インストール後のWindowsUpdateとアンチウィルスで今日は力尽きそう。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, 覚書 , , ,