Virus Conference For Enterprise 2005 - 適宜覚書-Fragments

Virus Conference For Enterprise 2005

   

警察庁の羽室さんのセッションは概要的ではあったが、とても面白かった。異様に気合の入ったプレゼン資料で凝っているはページ数はあるは…なんだけど、時間が無いのでバンバン吹っ飛ばす。勿体無い。一応要所と思ったところはメモをしたけど、もっと落ち着いて時間を貰ってお話を聞きたいなあ。

ただ、警察の人だと重要インフラ扱うような会社同士の勉強会とか、今回みたいな大掛かりなカンファレンスじゃないと来てくれなそうな気もする。警察だけに民間と違って常に襟を正す必要がありそう。別に民間がダラけているって意味じゃないんだけど、なんかやっぱり少し怖いんだなあ。これ上手く言えない。羽室さん自身平易な説明をされていたし優しそうなんだけど怖い。何だろうね。

内容の話は別途書くと思う。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書