@random presents: マイクロソフトの中の人と考える、Windows のセキュリティ - 適宜覚書-Fragments

@random presents: マイクロソフトの中の人と考える、Windows のセキュリティ

   

id:hasegawayosukeさんの纏め。本当この日にあちこちぶつかったみたいでどれも凄く魅力あります。

メールサーバの内側 - エンドユーザとPOPサーバの間 - にもアンチウィルスソフトを導入することにより、深夜に SMTP の入り口をすり抜けて受信してしまったウィルスメールでも、翌朝エンドユーザがメールを受信するタイミングで検知できる可能性がある。

なるほどなあ。確かに多層防御としてこの部分で一旦分けることは検討の余地がある。親亀こけたら、子亀がこけるというほど無防備では無いにしてもタマネギの皮は多いほうが良い。後、集中制御可能なパーソナルファイアウオールで良いものが無いか物色中。ウィルス露見したら物理遮断は当然最優先だが、受信から検知、管理者対応までのラグタイムは短期化しようとしても限界があるし…。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, 覚書 ,