過干渉もダメだけど放任もダメ - 適宜覚書-Fragments

過干渉もダメだけど放任もダメ

      2017/03/08

  • おいお前ら、絶対過保護過干渉で子育てするなよ

確かに過干渉はまずい。子どもの人生は子どものものであって、親が背負える訳じゃない。一方で放任というのも同じくらいまずい。ちょうど読んでいた雑誌にこんな記事があった。

高名な学者、朝日新聞と岩波新書を愛読する真面目なサラリーマン、女性関係にだらしない専門職、中卒の工場労働者。

ニュースタートに集まるニートたちの父親のプロフィルは多様で、「こんな父親がニートを生む」という傾向は読み取りにくい。

だが、あえて最大公約数を探すなら、「ああしろ、こうしろ」と父権を振りかざすのではなく、「自分の好きなように生きろ」と鷹揚に構える民主的なタイプが目立つ。

ただ、この放任は条件付きだ。完全放任ではない。

「口では『好きに生きろ』と言いながら、本心では子供が勝ち組になることを望んでいる。そのくせ、子供がつまずくと『自分で選んだ道だろう』と突き放す。これでは子供が救われない」

同様な指摘が元スレッドに散見される。

うちも無関心、放置で育てられたけど、なぜか今だに自信がなくて 常に一人ぼっちが当たり前だったなぁ、友達の作り方もわからず 会話能力もほぼゼロ

しかも愛情ってのがわからん。 子供にどう愛情を伝えたらいいんか…orz

おいお前ら、絶対過保護過干渉で子育てするなよ

過干渉なり放任なり両極端に動くのは考え無しで簡単だけど、悪い結果ばかりが出る。親に殺意を抱き放言するまで追い詰められている。責任問題以前に親と子の間がこれだけ離れ、憎しみにまで至っている状態が悲しい。何がいけないとかじゃなくて、親と子というのは単に血縁、地縁だけではなく、どこかしら信頼や仲間としての意識があってほしい。でも、ここにあるのは敵意を通り越して相手の存在を許しては自分が生きられないくらいの絶望だけだ。誰もそれを悲しんでいないようだけれど、自分はその関係を見聞きすることが悲しい。

自分の話をすると、自分が実家で扶養されていた時は父を憎んだ。干渉ばかりされ、することなすことケチをつけられ、いかに自分の能力が貧困かを嫌というほど刷り込まれた。殴り合いも何度かした。こんな親にだけは自分はならないと何度となく心に誓った。

でも、今はもうそういう気持ちも無い。20を越えたくらいの頃だったか喧嘩で手を出したときまともに顔にヒットして父がもんどりうって倒れた時あまりに軽くてあっけなかった。それでも口だけは減らなかったけれど、自分が結婚した頃には背も縮み、時々気弱になっていった。そして昨年に脳梗塞を発症した。相手が弱ったから情けが出たと言えばその通りだろう。自分はそれを圧して憎むだけの憎悪の蓄積は無くなっていたし、自分もまた親になり年も取った。単なる感傷かもしれないが、あの時はこういう気持ちでああ言ったのかななどと思うようなことも増えた。

当面のところ、どうするのが良いのか…という拙速の解にはならない役立たずな話だ。別に同意してほしいとは思わないが、時間が解決することもある。どこらへんが正解とか誰にとっても正解というのは無いけれど、確実に駄目な方法だけは共通見解のようだ。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書